お楽しみももうすぐ終了・・・
明日(て、もう今日か)2日の12時、ナショナルチームがBorghesiana(ローマ)に集合。
サッキ時代以来のStage実行となるようで。しっかり意識を高めてってほしいよね、皆。

ネスタは故障中なので、マスコミは「招集無し」という予想をしていたんですが、名前、ありましたね。が、昨日の試合中に足を痛めたエンポリのタヴァーノと同じく、とりあえずナショナルチームに赴き、メディカルチェックを受けてから判断が下される模様。

今回はネスタの姿は見れないつもりだったから、それはそれで、ニュースが追えるか。
しかし・・・明日のほぼすべての注目は、やはりインザーギと、あと同じくチャンスが急に出てきたルカレッリでしょう。

**************************

ついに、SkyのCMカンナヴァーロヴァージョン(初心者のドイツ語レッスン)がオンエアーになりました。

爆笑。

今年のSkyでは、トッティ編に並んでヒットです。誰か動画探して・・・

選手じゃないけど、Skyでは今年もVialliがCM出演してます。
これまた彼も素晴らしい。ずーっと前から思ってたけど、このインパクト、演技力、声の美しさ、元サッカー選手と思えないぞ。



そんなわけで、ドイツへ向け、カルチャトーレ出演のいろんなCMが続々登場していますが、面白いのが多いから、それはそれはこちらも楽しみにしてるけど、それと同時に、この選手たちには、どうぞ「CMだけで終わらないで、本番でしっかり活躍しておくれ」と心から祈るばかり。


Zefiroおまけに、今週のおもちろ応援幕。      でもリンクだけ~(笑)
今シーズンはあと3回

解説は明日にでも。
そう・・・今シーズンはもうすぐ終了なんだよねぇ・・・寂しい・・・
それとも、ワールドカップでも、このまま企画を続けてくれたらいいなぁ・・・

あ、今回のおもちろ応援幕は、さらにおまけがちょこっと付いてます。

Zefiro Home

いただいてるコメントなどへのお返事は、またあとで~~!
さんきゅぅーみんな!



あ、ひとつリンクを忘れてた。
こちら、ワールドカップ各国のナショナルチーム宿泊ホテルのギャラリー
Hotels
[PR]
# by celeste13 | 2006-05-02 09:35 | Mondiale2006
祈願その2
【早期回復祈願クイズ】

↑Zefiroおまけで遊んでもええていうお方のみ。


昨日TV見てて笑ったこと。

夕方になってリッピのStage招集メンバーが発表になった。
各局のサッカー番組はもちろんそれを取り上げた。

そして、ローカルも民放も、どちらの司会者も慌てていた。

「え?   これは、マテラッツィいませんね・・・どうしたんでしょう・・・
やっぱり、今日のあのゴールでリッピが外したんでしょうか・・・」


Coppa Italia出場チームは省かれるってことを、すーっかり忘れてるプロを見てるのはかなりおもちろかった。
ローカルは、即、視聴者から番組にメールが届き、教えてもらっていた(笑)


@@@@@

サッカーニュースに「Luna Park」(遊園地)と称されたローマ・キエヴォ戦。
どんどん入っていくゴール・・・それを聴きながらこっちで実況してたインテリスタのジャーナリストは、試合中延々とため息をついていた。

「あっちであんなにバカスカ網に入るのに・・・インテルのやつらはいっこも決めれない・・・」



そんなことはなかった。

最後に決めたやつがいた。


まてらっつぃぃ~~~~~~~っっっ


自分とこの網だったけど・・・


これは笑えなかったけど。

Zefiro Home

Controcampoにルカレッリがゲスト出演してた。
今まではリヴォルノへの忠誠を誓い続けてたけど、最近になってやっと、移籍希望を公言しはじめた彼。
インテルへという思いに対して、番組レギュラーたちは不思議がる。
そしてルカレッリは言った。
「今だからインテルがいいかと。」

皆:
・・・???

しばらくして哲学家Mughini氏:
「あ、わかった。こういうことか?  
つまり、株が暴落した、だから今こそ買い時て?」

スタジオ一同けっこう納得。




あぁインテル。



ていうか・・・ルカレッリ、インテルにぴったりなキャラクターかも(笑)。
[PR]
# by celeste13 | 2006-05-01 23:36 | NESTA
2002年を思い
週刊新聞Controcampoでは、ちょっと前からMaurizio Mosca氏による、ワールドカップ回顧インタビューが毎週特集されていました。
たとえば82年のロッシ、86年のガッリに続き、98年のディビアージョと・・・そして、先週4月23日版は2002年大会、それを語るのは、インザーギ。

これらのインタビュー集、サッカーの昔話が好きな私にはとても興味深く、訳したいな~と思いながら全然手をつけられなかったのですが、今回、インザーギ登場をきっかけに、先にこの2002年の記事からご紹介してみたいと思います。

23日発売の新聞なので、バルセロナ戦第2試合の前の取材。
a0007517_2072488.jpg


インザーギ・インタビュー
[PR]
# by celeste13 | 2006-05-01 20:23 | NAZIONALE
カルチャトーレお助け企画
ZefiroおまけにUpしました。
今回のカルチャトーレお助け企画・・・あ・・・
来週のミランの対戦相手じゃねぇか?

んむぅ~~。シーズン後半、好調なんだよねー。頑張ってるんだよねー。

てことで、ミランにはまた、ファイトしていただかなければ。

Zefiro Home
[PR]
# by celeste13 | 2006-05-01 05:00 | いろいろ
スタムの症状
試合中ピッチを下り速攻で病院に運ばれたスタムは、右肩の(詳しい箇所名は私の力では不明)靭帯損傷と診断されています。
更なる情報はここ数日中にミランから発表される見込み。

Zefiro Home
[PR]
# by celeste13 | 2006-05-01 02:39 | MILAN
Stage maggio(5月のステージ)
イタリア・ナショナルチームStage

招集メンバー発表
GK:Amelia  Buffon  De Sanctis  Peruzzi

DF:Barzagli  Bonera  Cannavaro  Gamberini  
   Grosso  Nesta  Oddo  Pasqual  Zaccardo  
   Zambrotta

MF:Barone  Camoranesi  Esposito  Gattuso  
   Liverani  Marchionni  Pirlo  Semioli

FW:Del Piero  Gilardino  Iaquinta  Inzaghi  
   Lucarelli  Tavano  Toni


スケジュール
5月2日
13:30記者会見
16:30トレーニング

5月3日
10:30トレーニング
13:00記者会見
16:30トレーニング(非公開)

招集選手は5月2日12時までにBorghesianaに集合。

Zefiro Home

注:
以前こちらで告知したように、Coppa Italia出場チームの選手と故障者は省かれています。
またこの招集は、今大会だけでなく、9月以降のチームへ向けてのチェックという意味もあり。


**********************

昨日おまけのほうだけ先にUpしてあった記事、先ほど書きました。
ここ数日TV各局、各新聞、ネットで、ナショナルチーム招集に関するニュースがいろいろ出ていて、それぞれが「確定」のような語り口ながら、よく聞いてみるとやはり彼ら報道側の憶測でしかなかったり・・・たとえばインザーギが絶対招集であろうということはどの局も自信を持っていたようですが、視聴者の私には実際どこまでCovercianoと報道がツーカーなのか不明で、とりあえず今夜の正式発表を待ってみました。
今日↓にUpしたものはRAIのサッカー番組Sabato Sprintから。
もしよろしかったらどうぞ。
ワールドカップへ

ま、これで、半分はOKて感じ。
冬あたりからずーっと息子の受験を心配している母親状態だよ。
今日は、模擬試験ですごーい手ごたえのある結果を出してくれました(笑)て。

これであと、ラストにリッピがどか~んとパヌッチなんか選出してくれちゃったりしたら、大尊敬するんだけどなー私・・・
[PR]
# by celeste13 | 2006-05-01 01:40 | Mondiale2006
PIPPO C'E'
速報。

試合直後のインタビューで、インザーギが民放のマイクに答えてます。
試合前にリッピは招集選手に電話したようで、彼も呼ばれている模様。

まだ正式発表されてませんが・・・大方の「確定」予想のとおりのようで。


もちろん、まだStageですけどね、もちろん。

Zefiro Home
a0007517_164149.jpg

18:03追記;
ローカルのジャーナリストがガッリアーニに質問:
「インザーギがナショナルチームに呼ばれるのは、ミランにとって嬉しいことですか?」

ガッリアーニ
「嬉しいことだね、それは『インザーギにとって嬉しいこと』だからね。」

がは、がは・・・ナイスなお答え。


*****************************

更に、この↑質問をした女性ジャーナリストはその後の番組で言った。
「リッピが今のこのインザーギを招集しないなんてことがあったら、それは自殺行為よね。」

わっはっは・・・

*****************************

更に、夜のローカルサッカー番組にて。
司会者(インテリスタにいちゃん)が言う。

「面白いことになってるよね、つまりミランではスタメンのインザーギが、ナショナルチームではジラルディーノの控えになるってことじゃないか?」

スタジオの出演者たち:
「いや~、ワールドカップ始まったら、スタメンはインザーギになるよ(にたりにたり)。」

私:
(TVの前でにたりにたり)

このときほど、インザーギファンの皆さんと一緒にこのシーンを見ていたいと思ったことはなかった・・・(笑)
[PR]
# by celeste13 | 2006-05-01 00:14 | Mondiale2006
Milan - Livorno
a0007517_23514446.jpgMilan - Livorno 2-0

お疲れ様でした。

ごるらぷとる君臨!!!

Zefiro Home

↑の9番は沈んでるようですが、実は大活躍。
ごるらぷとるドデカ版
[PR]
# by celeste13 | 2006-04-30 23:52 | MILAN
Livorno戦
スタメン

             DIDA
      STAM       KALADZE
CAFU                  SERGINHO
             PIRLO
  GATTUSO         JANKULOVSKI
           RUI COSTA
  SHEVCHENKO     INZAGHI


もうね・・・
ここまでくると、私の思いはひとつ。
「怪我しないで、元気にシーズン終えてちょうだい。」てこと。

すでにずーーーっと前に気分的に投げていたスクデットを、今更慌てて狙おうって思わなくていいから。
そもそも、選手(チーム)の気質からして、監督の統率力からして、そういうところで「がむしゃらに」なるとは私には思えないのだ、ミラン。


****************************

試合途中情報:
怪我をしたスタムは即、病院へ運ばれました。
骨折の可能性ありとのこと。

Zefiro Home

Zefiroおまけに私も祈願じゃ。
【召集祈願クイズ】
一緒に13番の健康も祈願してくだされ、皆々様・・・
[PR]
# by celeste13 | 2006-04-30 21:27 | MILAN
Gatorade Nesta in bottiglia
やーっと・・・
スーパーで、ゲータレードにネスタの顔を見つけた。

買った。

でも、ちょうどネスタんとこがよれよれになってたりして、綺麗なのを選ぶのに、えらい時間かかった・・・
それでもこんなもんだったわ・・・(ロゴ画像→)

イタリアのGatoradeのサイトを見たら、やっとこの広告らしきものも。
Gatorade.it

去年日本のGatoradeを教えていただいたけど、あれはどんなのでしたっけ??
これとは違うよね?

こちらは2月にUpした記事→Gatorade広告

Zefiro Home
[PR]
# by celeste13 | 2006-04-30 20:37 | NESTA
最も美しい・・・
わはは~( ̄ー ̄*)
私好みの話題がびーんずさんちにあった!

最も美しいスポーツ選手は! っていう投票によるイヴェントが、スイス国営放送の主催で行われたそうです。
記事はこちら↓
「最も美しいスイスのスポーツ選手」ベーラミは3位に

3位にべーラミ(ラツィオの選手&スイス代表)
2位はフェデラー(テニス)・・・
そして、1位は・・・あの人なんですって!
こちらで話題になったこともあるあの人。

ひゃぁ~楽しい!

なんでイタリアも、こういうひたすらミーハーなことしないんだろう???

ちなみに、↑の記事でご紹介の動画にて、「ミスタースイス」も見れます。
びーんずさんが教えてくれた画像はこちら→Mister スイス

皆さんのご意見はどうでしょう???

いいなぁいいなぁ・・・こういうの・・・

スイスって、なにげにとっても楽しい国だ。あの観光協会のCMといい・・・

Zefiro Home
[PR]
# by celeste13 | 2006-04-30 20:29 | Gossip
Maradona ワールドカップへ
記事の前に、おまけからUpしておこう。笑えます。
Maradona CM

で、本来の記事は・・・今日書くか、明日にするか・・・考え中。



****************************************

考えた末、翌日4月30日夜に記事Upすることにしました。
内容はナショナルチーム。

興味のある方はどうぞ。

ナショナルチーム考察
[PR]
# by celeste13 | 2006-04-30 03:13 | Mondiale2006
かっさぁ~の
ひゃー、RAI、マジに今シーズンは思いっきりMediasetを抑えきって
いい仕事してます!
Dribblingにカッサーノの映像出ました。

ていうか、こちらでも何回かご紹介した「カッサーノ物真似」のほう。
Cassano

このおかげで、物真似の彼はとーっても有名人になったそうです。


ただ・・・私が昨日民放で見た映像はこれとまた違って強烈だったんだけどね。

Zefiro Home

前にUpしてあったZefiroおまけの記事はこれ→Forza Anto'
[PR]
# by celeste13 | 2006-04-29 22:53 | CALCIO
CM・ワールドカップの香り
a0007517_2038585.jpg

今日初めてTVで見た。
PringlesのCM。



これは、日本でも流れますか?
ロベルト・カルロスとトッティ、ジェラールドが出演。
こちらはHP→Pringles
Pringles Italiaの扉もふらんちぇ~
映像はUpされてないけど。


CMも、あちこちでワールドカップの香りいっぱいしてきましたね~。
イタリアだったら、Adidas、Nikeはもちろん、先日ご紹介したSkyのも(そうそう、トッティ編、動画紹介サイトで見れるという噂です。おもちろいので、興味ある方はぜひどうぞ。または王子部録さんのこちらへ)。
それらに比べるとインパクトは少ないけれど、でもなかなかおしゃれだったわ。少なくとも、ネスタファン的に非常に悲しかったあのPepsiよりはずーっと素敵(T~T) 。(そんときの記事→だぁだぁだぁ・・・

CMといえば、私もいつも楽しませていただいてるびあんかさんちも情報がいっぱいあるよ。

Zefiro Home

追記;
CM映像見られるように、改めてAdidasサイトをリンクしようとしたら・・・
すでに・・・チャンピョンズ決勝のコーナーが出来ていた・・・Adidas

・・・(´_`。)
[PR]
# by celeste13 | 2006-04-29 22:01 | CALCIO
+と-
こちらは、ネットで見つけたおもちろ応援幕。
どっちがいいか
Zefiroおまけへどーぞっ

いやーやっぱりね、Striscioni(横断幕)をスタジアムから排除するって、大間違いと思うんだ。
すでに今、スタジアムの入り口で横断幕の内容をチェックして、危険なセリフのは没収っていうシステム執行してるはずなんですけどね、そういうところ、イタリアは緩いもんねー。
はっきり言って、棒とかあの煙とか火が出るあれとかより、応援幕みたいな旗つうか布をその手に持たしていたほうが、なんかおもちろいセリフを考えるほうにエネルギーを向かわせるほうが、ずーっと安全だと思うんだけどなぁ。

Zefiro Home
[PR]
# by celeste13 | 2006-04-29 19:10 | いろいろ
マテラッツィの言葉
La Stampa4月28日版よりマテラッツィのインタビュー記事

Q:
マテラッツィ、チャンピョンズからミランも敗退しましたね。
苦しみも、分け合えば半分というところでしょうか。

Materazzi:
Villarreal-Arsenalの試合を観たあとではそうではないですね。
スペインのチーム(Villarreal)は、俺たち相手のほうがより苦しんでいた。


Q:
貴方たちにはCoppa Italiaが残されました。
もしかしたらトッティと相対するかもしれませんね。

M:
できればそうじゃないほうが望ましい、でもそれと同時に、復帰できることを願ってます。大きな目標達成になることだ、これは彼にとって、ヴァニッリにとって、皆にとって。


Q:
最初のタックルには戸惑うのではないかと想像しますが。

M:
彼(へのプレイに対して)にびくびくするってことは有り得ない。それに、それぞれチームのためにやっている。
トッティは彼の怪我を考えた動きを相手がしてくれると期待してるなんて思えないし、ワールドカップで敵のディフェンソーレたちが優しいプレイをしてくれるはずなんかないことをよくわかってるだろう。標的にされるのは同じ。その名前がフランチェスコであろうと、マリオであろうと、ルイジであろうと。


Q:
カンナヴァーロのそれ(標的)はMudingayiでしたね。

M:
ファビオに対してのあれは行きすぎだ。この世のどこにだって、相手に怪我をさせようと思ってタックルする選手はいないだろ、これについては俺は確信してる。でも、あんなタックルをもし俺がやっていたら、もっと激しく話題になっただろうな。リッピだって、俺のことを「駄目な選手」と見なしただろう。

Q:
マテラッツィはインテル唯一のAzzurro(イタリア人)。そしてモラッティはそのラインでこれからも進むつもりのようで:「イタリア人は高価すぎる」と。

M:
個人的には、もっとイタリア人が増えてほしい。最高峰のビッグチームは、ほとんどが大勢のナショナルチーム選手を堅い土台に抱えている。現在のチームメイトにリスペクトを持っているし、これからやってくるだろう選手にも。でも、イタリア人であることがどういうことか、グループが強くまとまるということを人は知っている。


Q:
アドリアーノはブラジル人です。

M:
俺たちのサポートは確実だ。ということを踏まえて言うが、俺たちそれぞれが、サポートしてもらえるコンディションに自分を保つ必要がある。Tifosiは彼に反感を持っているわけではない。はっきりしておくけれど、San Siroでは、声やブーイングはよく聞こえてくるもんだ。アドリアーノは、頭を整理しなきゃいかん。ロナウジーニョを見てください、笑いながらプレイしてる。パリでは(今と)同じではなかった。バルセロナでは彼は理想の環境を見つけた、太陽と海と。俺たち(ミラノ)には太陽と海は無い、でも他のたくさんのことはある。そして、実際のところ、アドリアーノはあいつが20歳のときから皆でかわいがってきた。彼にはもうすぐ子供が生まれる。てことは、俺みたいにするだろう、もっと家にいるだろう。それが(彼の)助けになる。


Q:
ヴェロンとは、ほとんど殴りあいになりそうだったと。

M:
時にヴェロンがあいつのゴールのあとに、そっちへ走っていったことがあったか?もしかしたら最初にあいつのところへ? もしかしたら自分ひとりでもあいつのところへ? 25人のグループで、全員が仲良く夕飯食いに行ったりするわけじゃないってことだ。


Q:
モラッティはあまりに父親すぎて、パトロンとしては(力が)欠けているのでしょうか?

M:
はっきりしておくが、モラルの上での平手打ちは俺たちも食らってますよ。うまくいかなかったが。


Q:
ユヴェントゥスとミランは、何を(インテルより)持っているのでしょう?

M:
シニズム。理想的なインテルは、クーペルとマンチーニのちょうど間のやり方。


Q:
マンチーニといえば、その関係はいつも緊迫して?

M:
リスペクトはもちろん守ったうえで、何度かそれはあったし、無いときもあった。顔を合わせて話し合い続ける限り、俺はここにいる。


Q:
もしミランが再び貴方にコールしたら?

M:
行かないでしょう。あの1月の(移籍の)話で、俺はブーイングを受けた。しかし俺はまたこのMaglia(インテルのユニフォーム)に対しての思いを大きく表明した。あのときはまたCurvaの親分と即で話し合いしてはっきりしましたしね。


Q:
偶然ですか?

M:
対話するのは、決して間違いであることはない。抑圧しているのは俺たち選手ではない。俺たちは暴行を受けた、それは本当だ。だがここには、あの5月5日を、Villarreal戦の敗退を経験した者がいる。そしてTVをつけると、ロッカールームではめちゃくちゃだと聞こえてくる。周りに火の種が多すぎる。


Q:
ファヴァッリへのブーイングには同意されますか?

M:
あのブーイングは彼にやってはいけない。インテルは、彼に1年間のオファーをしたんだ、それがミランでは2年だ。彼は、最後の最後まで(インテルがオファーを)変更するのを待っていたんだ。

Zefiro Home

ピッチの上では醜い悪行ばかり(吹っ飛ばされたピッポ、蹴りを喰らったシェヴァの記憶未だにあたらしく・・・)が目に付いて、そのイメージがどうしても拭えない選手ですが、だからその彼の発言に「信頼できるもの」は少ないとも言え、また、こんな選手だから言葉の端に「真実」がこぼれ出ていたりするように思う。


ところで、TVで、スペインのカッサーノ物真似映像を見ました。
ものすごーい強烈な、見方によっては鋭くて爆笑だけど、かなり残酷な物真似でありました。まぁ彼は乱暴な行動もいろいろしてきたからなぁ・・・そしてレアルで結果を出さなければ、やっぱり責められても仕方ないしなぁ・・・たとえそれが、彼にすべて責任あることではないのは皆わかってるだろうけど。
来シーズンの彼がどこでどんなプレイをするかまだ未定だけど、ぜひ身も(特に体重を)心も引き締めて、頑張ってもらいたいものだ。

そういや、そのカッサーノがスペイン語を上手にしゃべってたの、あんとぉ’すごいな~なんて一瞬感動してまったアホな私ヽ(´o`; オイオイ
[PR]
# by celeste13 | 2006-04-29 19:05 | CALCIO
応援幕危機!
イタリアサッカー協会(F.I.G.C.)の会長カッラーロが発言。
サッカーの世界で起こる暴力を解決するために、スタジアムからすべてのStriscioni(横断幕)を排除することも一つのアイディアだと。


・・・通常から、仕事が恐ろしくどんくさいと評判(?)のカッラーロ、やるべき事をすぐやらず、ずれた方向でおたおたしてるのばっかり目に付くけれど・・・

そんなことしたら、サッカーの楽しみが無くなりますっっっ

Zefiro Home
[PR]
# by celeste13 | 2006-04-29 08:29 | CALCIO
マルディーニ 手術
ミランのオフィシャルに告知が。(おそらく21:30頃)
マルディーニは本日ベルギーAnversaのMaertensの診察を受け、その後そのまま右膝の手術が行われたということ。
復帰までの期間は未定。

*******************

まったく予想されていなかったことなので、どのスポーツサイトも驚いていますね。
私も、録画してあるお昼や夕方のサッカー番組チェックしてるんですけど、そんな話題に全然触れる気配無し。直前まで、リヴォルノ戦のスタメン予想に入っていたし。

今、この時期に手術というのは、何か意味があるのでしょうか・・・

Zefiro Home

ネスタも復帰はまだです。おそらく次のパルマ戦。
[PR]
# by celeste13 | 2006-04-29 07:26 | MILAN
Adieu, Zidane
自分の記録のためもありますが、RAI Sportの、ジダン引退記事をリンク。
RAI Sport


引き際”    ・・・重い言葉だ。


Zefiro Home

えーこれはおまけでっす@
去年11月にマドリッドでAdidasイヴェントがあったの、すでにそのときZefiroでご紹介してありますけど、そのときの映像で、ネスタがジダンに声かけてんの。

Campioni a Madrid

これ↑の半分から後半よりにそのシーンが。

あのさ、さんどろくん!
あんなに「普通のカメラ」はきょどきょどなのにさ、なんでこう遊びになったら楽しそうにいそいそと行動できるんかい???
Campioni di Cerviaというリアリティのサッカーチームの若者を従えて(弟分たちには強気なサンドロ)ジダンんとこ行き・・・
「じずぅ~~! 覚えてるか? こいつ、ユーヴェでプレイしてたんだよ!」

て・・・(おもちろいつもりなんかい、さんどろ・・・)

優しくお相手してくれる地蔵ジズーさん・・・
[PR]
# by celeste13 | 2006-04-28 19:55 | CALCIO
こんなところより、ピッチで活躍してほしい人たち
Gossip。
まずヴィエリから。
Vieriの噂
長いヴィデオで、しかも本人は電話でしか出てこない(笑)。
どうも、最近の彼はStrisciaで踊ってるおねえちゃんにモーションかけてるらしく(記事は、この間ピッポの記事貼ったのにも出てるけど)それについて、本人がヴァラエティショーにて電話で釈明。というか「知るかよ、そんなもん」ていう言い方だけど(笑)。

この間も、RAIのQuelli che il calcio...に出演してたボボ。
選手がGossipを賑わすのは、実際にサッカーで力を見せている限り私はあんまり気にしないんだけど、ヴィエリはずっと前から好きな選手であっただけに、最近は少々醜いです。
確かに、この番組の司会者は、大の友達のSimona Ventura、ボボ自身は故障中(て、だからこそ大人しくしててほしい)だけど、ナショナルチームの招集でもいろいろ言われてるってのに、「サッカー止めたら? ん~そうだな、アメリカ行って、事業やるな、うん。」なんてノー天気にしゃべってるの見るのは、けっこう悲しいもんです。


ついでだけど、↑のヴィデオの中、番組のレギュラーでGossipコメンテーターになっちまってるベッタリーニの色あせ具合も悲しい・・・



次はアドリアーノ。
Adrianoの噂

すでにZefiroでもちらりと書きましたけど、どうもサルデニャでポルノスターと一緒のところをパパラレたという話。
↑のStudio Apertoでは、当のポルノスターが話してます。
なんつうかねぇ・・・

私は君に期待しておったんだよ・・・奮起しておくれ!



@@@@@

あと、Gossip誌からサッカー関係のものを、あとでTutti Pazzi per...に貼ります。

Zefiro Home
[PR]
# by celeste13 | 2006-04-28 18:15 | Gossip
主審のミス
UEFAのコミッションが、バルセロナ・ミラン戦にて主審のメルクが認めなかったシェフチェンコのゴールを、「主審のミス」と判断したようです。

これにより、現時点世界トップの主審であるMerkは、今後イタリアナショナルチームの試合、およびおそらくウクライナの試合も、ジャッジすることは許されないなど、かなり厳しい処分が下りる模様。

記事→TGcom

この主審、2003年マンチェスター決勝の人でもあるので、勝手に好感持ってるんですけどねぇ・・・ま、これだけで「だからミランが勝つべきだった」なんてあんまり思わないけれど、実は以前インテルのゴールを取り消したこともあり、イタリアのマスコミはいろいろ騒いではいたのだ。
もちろんあのInteristi.orgさんも。

Zefiro Home
[PR]
# by celeste13 | 2006-04-28 18:04 | MILAN
Andiamo avanti
さて、   

(・・・て、この言葉を文頭に置くのは文法間違いってことは充分わかてます。
なんと書いていいかわからんので、いっそのこと全部端折りました、ハハ、ハハ、ハハ・・・)


今シーズンのミランとしては、これがいっぱいいっぱいだったということですかね。



バルセロナ戦関連、記録のためにいろいろリンクしておきます。

これは、前日にもリンクしたんだけど試合前の映像→RAI Sport
(記者会見で「4年間で3度目のファイナルに向かう」なんていう発言を監督がわざわざしちゃうところが、実はやっぱり緩いなと思う。そんな経歴は会長やTifosiが言ってるぶんにはいいけど、試合前に監督がそれ言っちゃったら、どっかやっぱり「自分の位置に満足」しちゃってるということを証明してしまってるというか・・・)


こちらは試合後映像:
RAI Sport1

ハイライト:
RAI Sport2


27日、試合翌日朝の民放ニュース
TG5


*******************************

ワールドカップ近づいてることだし、コンディションの良くない選手たちのことが真剣に心配です。
ピルロ。大丈夫か?????
シェフチェンコやフォーゲルはアキレス腱のトラブルを抱えたまま、ここ最近シェヴァはずーっと、ベストなプレイを見てないよ。ウクライナのワールドカップ出場、ぜひ輝いてもらいたいんだけど。
ネスタの筋肉トラブルは、詳しいことは不明ながらも、ローカルTVに出演していたミランのスタッフBalestra氏がバルセロナ戦直前に「選手たちの中でネスタのが一番厳しい状態だった。腱のそばの筋肉なので、決して無理をするわけにはいかない場所で・・・」と語っていました。
それと、試合でも動き観てて皆さんも感じられたと思いますが、インザーギもやはり、発熱のためにコンディションは弱った状態だったと。

(そういえばターンオーバー。世間では、カペッロが適切なターンオーバーを実行しなかったためにチームの力を保てなかったと、Tifosiやマスコミからかなり槍玉に挙げられているけれど・・・これはローカルTVの受け売りデータなんですが、ターンオーバーを最も実行しなかったのは、実はアンチェロッティのほうであったのだ。)


********************************

ワールドカップと故障といえば・・・これもついでにリンク。
トッティがついに、ピッチでプレイ再開しました。
様子を見るためにわざわざ親善ミニ試合を用意して、73分プレイ、かなり手ごたえ良好のよう。
RAI Sport

Mediaset Video

Studio Aperto

こちらはギャラリー。
いろいろ出てるけど、これが一番いいショットが多いかなと思って。
Corriere della Sera
彼に憧れの眼差しを向ける少年たちがかわいいです。

そういえば、トッティの順調回復というわけで、スポーツニュースでは、エンポリのヴァニッリ(怪我に直接関わってしまった選手)のインタビューが流れました。
本当にほっとしている様子で、彼は何度かトッティに電話したということ。そのたびに優しい言葉をかけてもらえたのはむしろ彼だったそう。

この映像でわかったんだけど、Vanigliって、ミランのPrimaveraにいたんですねー。
その頃のヴィデオが流れ、まだ少年のような表情のヴァニッリが、Aチームとの練習試合で、敵のおじさん選手にハグハグされてるのですよ・・・・・そのおじさんて・・・・・コスタクルタだったんですよ・・・驚異だよなー。

Zefiro Home


追記;
スイスのびーんずさんが、こういう映像を見つけてくださいました。
シェフチェンコとセードルフ。(びーんずさんの解説付)
チャンピョンズのこの試合の前に流れたようです。
もしかしてもしかして、日本では流れたものだったりしたら御免。
少なくともイタリアでは見たことないです。素敵です。
Shevchenko

シェヴァ:
「僕は静かで、社交的で、家族と友達を愛し、自由な時間を大切にしている」しかし彼はピッチの上では別人になる。攻撃的で、ダイレクトで、そして冷徹。彼は手に入れられるもの全てを手にしてきた。イタリアの得点王、リーグ優勝、CL優勝、欧州最優秀選手、そして祖国ウクライナのW杯出場。「自分が有名なのは分かっている。でも目立ちたいとは思わないし、いつも衆目の中心にいたくはない。自由に動ける状態でいたい。僕にとってプライバシーはとても大事だ」だからこそ彼はミラノを離れてコモに移った。2年前に結婚し、2004年の終わりに父になった。「新しい責任が生じ、より必要とされる。息子の誕生は僕を決定的に変えたよ」。妻:「彼は素晴らしい父親よ。ジョーダンを愛し、沢山の時間を一緒に過ごしてくれる。家を離れている時には携帯で動画を送ってあげなきゃならないの。彼はもっと息子と共に過ごす時間が欲しいと思っているわ」7年間イタリアに住み、妻はアメリカ人。「僕らの結婚はちょっと特別だ。ウクライナ人、アメリカ人、そしてイタリア語。時には相違や摩擦がある。でも、愛が僕らを結びつけているんだ」


セードルフ:
Seedorf

セードルフ:
セードルフは、3つの違うチームでCL優勝を果たした唯一の選手だ。アヤックス、レアル、そしてミラン。「そりゃあ涙が出るよ。嬉し泣きだ。自分が到達したことに誇りを持っているよ。チームメイトと共に1年間頑張って、それが報われる。信じられないような気分だ。トロフィーを掲げて皆に見せる時の気持ちは、言葉では表現できない。CLは特別だ。いろんな事がCLを特別なものにさせている。凄いチームの集まり、他とは比べられないスタジアムの雰囲気、忘れ難いファイナル。」彼が再びトロフィーを手にするためには、かつてのチームメイトのライカールトとバルセロナを止めねばならない。


びーんずさん、感謝!

そういえば、↑のヴィデオ、0コンマ1秒単位まで表示されるんですね、
こういうとこ、さすがスイスだな~って(笑)

[PR]
# by celeste13 | 2006-04-28 13:29 | MILAN