ちょっと思ったこと
ちょうどネスタやミランのニュースが全く無いので(ミラネッロは今日閉まっているらしいし)ほんのちょっとだけアジアカップから私が感じたことを。
といっても、私は日本やアジアのサッカーの情況を全然知りません。なんとなく感じたことだけ。



今日アジアカップの決勝で、中国を3-1で下して2年連続三回目の優勝を果たしたんですね。どんな試合だったんだろう・・・とても興味があります。
こちらで、ネットで読む程度なので、中国の観客がどのようなことをしていたのかほとんど把握できないのですが・・・日本の、中国や韓国との関係はいろいろ微妙な難しいことがたくさんあるんだなぁということを実感したのが、それこそイタリアに来てからでした。

中国は、こちらにも中華街があり、彼らはほとんど彼らのコミュニティで生きているので、直接関わることは少なく、接触は中華料理を食べに行く時くらい、それでも彼らは日本人にでもいつも親切で働き者で、お世話になったこともいろいろ。
韓国人は、日本人と同じで留学や仕事で滞在している人が多く、知り合いになる機会がすごく多かったのですが、この韓国の人たちとのやり取りが、時々すごく難しかったりしたことを記憶しています。

一度私は面と向かって「君達日本人は、僕達韓国に謝らなければならない。」と言われたことがあります。
歴史に疎く(勉強不足は私の責任でもあります)彼らの言っていることを、深い意味で理解することはできませんでしたが、とにかくとても悲しかったことを覚えています。
過去に起こったことでの関係もありますが、また中国、日本、韓国のメンタリティの違いを強烈に感じることも多々ありました。これはどちらがいい悪いという意味ではありません。韓国のいい意味でのアグレッシブさ、中国のマイペース、日本の謙虚さ、それぞれいいところがあり、欠点もあり、お隣の国なのにこ~~んなに違うのか・・・と。
そんなこと言って実は一番の仲良しは韓国人の子だったりするのですが。

スポーツに政治や宗教、歴史が入らないピュアなものを求めるのは、難しいことなんでしょうかねぇ。(難しいんでしょうね)

とにかく、日本が、自分の祖国のチームが勝ってよかったです。
こうやってどんどんレベルが上がっていってくれることを心から望みます。

Zefiro Home
[PR]
by celeste13 | 2004-08-08 01:34 | いろいろ
<< A tutti i fans 夏ヴァージョン・・・かな >>