最後のワールドカップ
ワールドカップ2006を最後に引退を発表しているジダン、先日はレアルマドリッド、ホーム最後の試合だったそうですね。
記録のためにスタジアムの様子をここに。
Gallery

カルチョのマエストロ(巨匠)と賞賛される彼の最後を堪能したいものです。


****************************

こちらは、最後のワールドカップにならなかった人。
ヴィエリはやはり、足の具合が良くなく、来週手術することになりました。
ワールドカップは無理。

手術の目的はしかし、来シーズンを充分万全な状態でプレイするというもので、彼なりにポジティヴな判断を下したのかもしれない。

****************************

25日間ストップと診断が出たシェフチェンコ、きっちりと回復してワールドカップに間に合うと良いのですが。
とりあえず、月末に予定されていたイタリアとウクライナの親善試合は欠場。

****************************


そして、元気で出場していても、まだ若くても、これが最後のワールドカップでないとは言えない選手たちも・・・
だからこそ、毎試合毎出場を大事に大事に、すべてを賭けたプレイを見せてほしいのだ。
最近のイタリアには無いのだ・・・
来週は、ナショナルチーム招集発表。選ばれる者は、選ばれたことで安心せぬよう、コンディションを万全にして本番に臨んで欲しいものです。

Zefiro Home
[PR]
by celeste13 | 2006-05-09 14:04 | NAZIONALE
<< 昔、ハムだった頃 Commedia Italiana >>