歯を食いしばりながら
ミランが故障者の情報を公表しないと決めたため、マスコミはそれぞれに憶測の嵐。

ローカルTVでは、メッシーナ戦を終えマルペンサ空港に到着したシェフチェンコの歩く映像を流し、それを、電話出演しているスポーツドクターにチェックさせ、予想で判断させているという・・・
ジャーナリストたちの質問に対して「何も言わない。」ときっぱりしていたシェヴァですが、足は少々引きずっている。でも、ドクターも他の出演者である元選手たちも言っていたのが「健康な選手だって、試合の後は足のあちこちが痛くてよたよたするものだ。一晩寝るだけでもずいぶん状況が変わる」と。

で、(あくまで憶測だけど)シェフチェンコもカカ’も大丈夫そうとのこと。
メッシーナ戦では激しいタックルを受けて心配されたカカ’だけど、それよりむしろネスタの足のほうが回復の可能性は低く・・・(現時点で40%)

が、重要な試合でもあり、おそらくアンブロジーニとマルディーニ(まだ足が痛む)を除いたら、どの選手も歯を食いしばっても頑張るであろう、試合出場の問題は無いだろうというところ。
インザーギは順調に回復中。

Zefiro Home

こちらは、ちょっとスポーツと関係無い映像。
民放の社会派番組、チェルノブイリから20年ということで、シェフチェンコが、彼の見てきたあの出来事を語っています。
Shevchenko


**********************

で、バルセロナ戦。
確かに第一戦負けているんだけど・・・
ミランや、Tifosiがどのように受け止めてるかはわからないけど、あの第一戦で1-4と大敗したDeportivoや、イスタンブールのときのハーフタイムのリヴァプールの立場を思えば、今のミランの状況は全然前向きでいけるという気がするんですが・・・どうでしょう?
[PR]
by celeste13 | 2006-04-24 14:13 | MILAN
<< ミランの告知 Forza Milanインザーギ記事 >>