未亡人(やもめ)たち
a0007517_1749593.jpg
Il Giornale記事より触り:

皆、インザーギの、彼の魔術のようなプレイの未亡人(やもめ)。
彼を失い、それを慰めるものは無いかのよう。

「ピッポは、ここまで僕たちにとってとても重要な選手だった。」

シェフチェンコはそう締める。もちろん、これまでの二試合、バイエルン戦とリヨン戦を考えてのこと。両試合とも、インザーギの焼印(ゴール)に決定されている。このスペシャルな夜に大きな不在。

「他にもカンピオーネたちがいるんだ、幸い。」

シェヴァは続け、そしてこれはまたジラルディーノという若者への優しさでもあり。このミランのトップ攻撃は、チャンピョンズでいまだゼロゴール。彼のプレイに対する悪の魔法の一種のような状態。

「一つ、重要なものをお前が決めるだろう。」

扁桃腺を腫らし致命的な発熱のためにサン・シーロの“彼の”試合を台無しにされたボンバーのお告げ。

もしそれが叶ったら、彼(ジラルディーノ)は、ピッポの体に触れなければならないだろう、まるでPadre Pioの銅像のように。
(注:Padre Pio、イタリアで最も信じられている聖人。多くの国民が、彼の絵やお守りを肌身離さず持っていたり家に飾っている)

Zefiro Home
[PR]
by celeste13 | 2006-04-18 18:00 | MILAN
<< Milan - Barcelona おもちろ応援幕、デルビーにて >>