Messi 語る
今週のControcampo誌に、Messiのインタビュー記事が載っています。
ちょっと興味があったので、訳してみました。

*********************************
a0007517_1616381.jpg


「イタリアのためのインタビュー? 僕のファミリーはあの国から始まっているんだ。」

喜ぶメッシ。故障を治しつつ、我らとの独占インタビューで語りながら:

Q:
Lionel、プライベートの生活では君はどんな人なんだい?

Messi:
大人しい(静か)。外に出かけるのがあんまり好きじゃないんだ。音楽を聴いて、TVを見てる。インターネットをやったり、それから午後のSiestaをいつもするんだ。
で、英語の勉強を始めたいと思ってる。コミュニケーションには必要だろうから。


Q:
イタリアや世界中から届く君への大絶賛に驚いているかい?

Messi:
落ち着いて受け止めてる。混乱しないように。
イタリアでは僕をとても大事にしてくれる。EuroChampionとGolden boyという賞をくれたんだよね。イタリアの皆さんに対してはとても感謝している。ほんとに。


Q:
カペッロが君に対してコメントしたことについて、どう考えている?

Messi:
カペッロの賞賛はとても嬉しい。なぜなら世界で最も素晴らしい監督のうちの一人だから。指揮したチームを見ればわかる。
彼のような人が僕に注目してくれるというのは、とても重要なこと。


Q:
イタリアのどのチームをTVで観戦するのが好き?

Messi:
ユヴェントゥス。でもミランとインテルもいいね。


Q:
イタリアのカルチョで君の好きな選手は?

Messi:
言うのは難しいな。いっぱいいる。
でも選ぶならトッティ、カカ’、アドリアーノ。


Q:
チャンピョンズ・リーグでイタリアのチームと対戦する可能性を君はもう考えている?

Messi:
ひとつの可能性だ。ここまで来たらチャンピョンズではすべてのチームが重要で素晴らしい。でもバルセロナは前進する可能性を大きく持っている。Benficaへのリスペクトはもちろんあるとしても。
ミランのようなチームとセミファイナルで対戦できるということは偉大なことだろうな。チェルシーと対戦したときのように、カルチョの世界ではトップクラスのイヴェントだ。


Q:
プレイステーションではインテルでプレイしてるってほんと?

Messi:
そう、ほんと。いつもロナウジーニョと対戦してるんだ。彼はいつも冗談で僕を弟だと呼んでいる。でもね、プレイステーションでプレイするときはお互い絶対に勝ちたいんだ。彼とMaxi Lopezはいつも練習所でプレイしてる。どっちかの部屋で、午後いっぱいプレイステーションやってるんだ。で、僕も参加するんだ。当然。


Q:
カルチョ界の“怪物”の傍でやってるというのはどんな感覚?

Messi:
ロナウジーニョ、デコ、チャビは僕が学ぶのをすごく助けてくれるんだ。僕は何も訊かない、でも彼らがピッチでプレイしてるときすごく観察してるんだ。そしていつでもそれをコピーしようとしてみるんだ。もっとうまくなるために。


Q:
本物のロナウジーニョとプレイステーションの彼ではどっちがすごい?

Messi:
プレイステーションの彼はすごく強い。でも本物のほうは信じられないとこにいる。彼はバルセロナで、またはブラジルでプレイ、僕はインテルで。何故って(インテルは)ディフェンスがうまいしいい攻撃陣を持ってるから。ときどき、自分がどこにいるか混乱して驚いちゃうんだ。
僕がサッカーを始めたとき、まさかバルセロナのようなカンピオーネたちの中でプレイすることになるとは全然想像してなかった。でもそれはいまだ続いている。一歩一歩学び進みながら。僕が初めてゴールしたときのロナウジーニョのジェストは忘れられない。


Q:
何と君に言ったの?

Messi:
そのとき僕を抱きしめて、微笑んでくれた。それから、ロッカールームで僕を褒めてくれたんだ。同じように他の仲間たちもしてくれた。大切な思い出だ。


長いので一旦切ります。つづく・・・Messi 語る その2

Zefiro Home

そういえば、この間のLe Ieneのインタビューで、サネッティが「他のチームからインテルに欲しい選手は?」という質問に「メッシ」と答えていました。
そういうのも、メッシにはインテルへの好感につながってるのでしょうか。
[PR]
by celeste13 | 2006-04-02 13:23 | CALCIO
<< レッチェ戦 Ciao Tommi >>