Notte di Stelle メモ
a0007517_12441864.jpg
Notte di Stelle、ぼわわ~んと感動してるうちに忘れてしまいそうなので、思い浮かぶところだけでもメモしてみます。

時間的にはちょっと厳しいし、体もきつそうだったんだけど、やっぱり星たちの夜っていう魅力が強すぎた。
「ええ~~い、行くぞー!」と決め、当日になってからチケットを買う。
試合前にスタジアムに向かいバスに乗る。夕方の大ラッシュ時。バスの中で語る人たち。
「あー、これって今夜サン・シーロでまた試合あるからだよ。まったく馬鹿ったれたちが・・・」

・・・はい、その馬鹿ったれの一人です(笑)。

今日はしかし特別だよねー。
ファン・バステン、ウェアー、フリット、バレージが、ミランのMagliaでピッチに立ってくれる・・・
そしてライカールトが、ロナウジーニョが・・・目の前で見れる。

てなわけで、げっそげそな体に鞭打って、恐怖の階段もものともせず(もっと運動しなさい>私)Secondo Anelloに向かいました。
まわりには、親子連れ、家族連れがいっぱい。これはとても嬉しい。だってチケットは安いのが10ユーロ、しかも16歳以下と女性は半額。私は5.5ユーロでこの試合が観戦できるわけで、これだけでもすでに幸せ。
子供2人とお父さんお母さんが皆で連れ立って来たとしても、25ユーロでこんなに大スターの試合が楽しめるわけだ。
イタリアの夜8時はちょうど夕食時、まわりのあちこちで、お弁当を広げて食べていました。
着いたときはけっこうガラガラだったのに、あっという間にいっぱい。スタジアムは、通常の試合より明かりを弱めにしてたんだけど、観客の盛り上がりは全く変わらず。

ウォームアップに現れるバルセロナの選手たち、スタジアムは大歓声。
もちろん、目指すはロナウジーニョ。


・・・いやね、私は完璧みーはーですけど、今回わかった。

みーはーなのは・・・スタジアム全体だった(笑)。

私の周りの子たちも「どれだどれだ?あれか?あれがロナウジーニョか?」と騒ぎまくり、幸い彼はおばちゃんヘア~なので遠くからもわかりやすいけど(笑)。
a0007517_11151296.jpg

彼が走るだけで「Oh~~!」という声が上がり、彼がボールを持つだけで歓声が。
ほんと、すごい人気なんだなー。

そして、しばらくするとミランの選手(大御所)がピッチへ現れる。


すると、Curvaのほうからどっか~~んというほどのコール!

もしかしたら、今まで私が見た中では一番熱いかも(笑)
選手一人一人に応援の歌、ひよこな私にはどれも聞いたことない歌ばかり。バレージ、シモーネ、マッサーロ、ドナドーニ、ガッリ、タッソッティ、ロッシ・・・
でもミランの選手たち、いっぺんに出てきたのではなかった。
ファン・バステンが最後に一人で現れた。

・・・スタジアムが崩れるくらいの拍手とコール。

・・・かっこええ(T_T)

でっかい体の9番。
いつも華奢なのに見慣れてるので、そういう意味でも新鮮(笑)。

思えばこの選手には、ちょっと違う感情があったんだった、私。
なんというか・・・肖像画に魅せられていただけの偉大な帝王に、ついに出会えた気持ち。


まぁとにかく、あまりにスターたちがいっぺんにそこに集まっているので、どこを見たらいいのかわくわくどきどき、忙しい。
スクリーンではアップになってるから、そこも見なきゃいかんし(笑)。

と・・・突然スタジアムが大ブーイング!!!

なんで??   カペッロが現れたのでした(笑)。

そのブーイングに、大きく手を振って応えるそのふてぶてしさ、最高(笑)。

カペッロだって、ミランで偉大な結果を残しただろうに(笑)、と思ったら、私の後ろに座ってる男の子たちが言ってた。「俺はブーイングしないな。だって、カペッロもミランでいっぱい勝っただろ?」
いいねいいね。そんなことを耳にしたりできるのが、スタジアム観戦の楽しみのひとつだ。
ちなみに、私の前はスペイン人の若者グループ、私の知らない選手の名前を挙げてきゃーきゃー言っていた。すごい楽しそうにバルセロナを応援してた。

そういえば、チケットは、前の日までに20000枚売れていて、最終的には35000人以上が入ったようです。

21:15分、いよいよ開始。
司会が選手たちをひとりひとり呼び、ピッチへ出てきます。
特別試合だから、スクリーンへの表示は無し。知識の無い私にはけっこうつらい。一部の超有名どころしか知らんから・・・

大御所だけの登場かと思ったら・・・ディダが呼ばれた。 あれ?あれ?と驚いてるうちに、ミランの現役も全員姿を現したのでした。ひゃ~~これは予想外。彼らは今日お休みだと思ってたよ。
a0007517_11143362.jpg
しかし・・・大御所たちに比べたら、現役は付け足しみたいなもんでしたね。そんなことってあるんだな(笑)。Curvaのコールの勢いが全然違うんだもんね。

歓声の人一倍大きかったのは、ロナウジーニョ、バレージ、ウェアー、そしてファン・バステン。彼への歓声はもうただものじゃなかった。
・・・そんなに偉大な英雄だったんだなぁ・・・過去を想像して勝手に感動うるうるする私。

最後にもちろん、大拍手の中、アルベルティー二が2人の子供と一緒に登場。
a0007517_1111467.jpg

彼が真ん中に立ち選手たちが全員並び、記念撮影をしたあと、試合が始まりました。
皆が試合の準備をしたりベンチへ向かってる間、アルベルティー二の息子くんがひとりで、ボールを追って遊んでいました。これがかわいかったんだよ。そこへちょこちょこ~と相手をしにやってきたの、あれはたぶんマルディーニだったと思う。

あと、ピッチの端にいくつもの色付きボールが置かれ、選手たちが蹴ったり放ったりして観客席へプレゼント。
a0007517_1111459.jpg
いいなぁ・・・Secondo Anelloの皆も「あぁ~あぁ~」と言いながら羨ましそうに見ていた。

試合は、何せ大勢のスターたちなのでどんどん交代しながら行われてましたが、全員を追うのはもう諦めて、私は目指してた人だけ狙うことに(笑)。
a0007517_1112144.jpg
a0007517_11432098.jpg
バレージ、タッソッティ、あ、そこにマルディーニがプレイしてるじゃないのー!大丈夫かい?  全然大丈夫でした。すごくいいディフェンスラインだったよ(感涙)。GKはセバスティアーノ・ロッシだしね。
a0007517_11124731.jpg

ガッリやイエンポ、ナーヴァとか、今はTV解説でしか見たこと無い選手たちもキリリとした動き。これもかなり感動でした。
a0007517_1114483.jpg

試合前半のスタメン
Rossi  Tassotti  Galli  Baresi  Maldini  Franco  
Desailly  Albertini  Evani  Van Basten  Papin

でっかい体の赤黒9番を追うこと、なんと快感なことよ・・・と、いい流れだったのにオフサイドとられる。ファン・バステン「なんでだよ??」ていうジェスチャー・・・それもかっこええ(なんでもええ)。

a0007517_1142086.jpg
バルセロナの選手がファウル、FKに。
蹴るのは・・・アルベルティー二。
どきどき、わくわく・・・決めたー!!!
つうか、そりゃお祭り試合だから、壁がほとんど無いようなもんだったけど、それでも彼の鋭いシュート、美しすぎました。
スタジアム大喜び。
a0007517_1219369.jpg

前半途中にはまた、左サイドからのアシストにファン・バステンがヘッドでゴール。

a0007517_11155419.jpg
・・・沸いた。スタジアムが沸いた。私もぶっ飛んだ。

a0007517_11493486.jpg
あと、フリットに代わったり、ウェアーが出たりしました。そのたびに大歓声大コール。
a0007517_11371033.jpg

彼らにゴールさせようといっぱいパスが行くんだけど、ウェアーは重たくなっちゃって、フリットは膝が問題で、結局ゴールには至らず。でもほんとうに温かい気持ちで見れた。現役時代はさぞかしスーペルだったんだろうね、長年ファンの皆さん。
a0007517_11312186.jpg
ミランはさらに、バルセロナのアウト・レーテで1点。バルサが1点返して前半を3-1で終了。


ハーフタイム、現役の選手たちがウォームアップを始めます。
いつものように私は我らがアイドル13番を追うわけだ。が・・・スタジアムは全然違うタイミングで歓声が。
えぇえぇ、そうです。み~~んな、ロナウジーニョ追ってるんだわ(笑)。
彼がちょこっとボールで遊ぶと、どわわ~~とどよめく観客。かわええよ、サン・シーロの皆。
また彼も、何度も聴衆に手を振ったりしてくれてました。
周りの子達も、「あお~、俺たち(ミラン)が用意して、毎年バルセロナ戦サン・シーロでやろうぜ~!」。バルサの人気具合がわかる。監督はあのライカールトだしね。

そういえば、ライカールトは結局ミランのMagliaを着なかったんですよね。
Tifosiはけっこうがっかりしてました。
サッキがベンチにいなかったのもがっかりしてた。

後半が始まりました。前半に比べると、明らかにスタジアムのテンション下がった(笑)。贅沢もんだなーTifosi。

後半のスタメン
Dida  Simic  Nesta  Costacurta  Kaladze  Vogel  Pirlo  Ambrosini  RuiCosta  Shevchenko  Gilardino

ネスタがいるんだけど、敵のバルサにはロナウジーニョはまだ出てない。ベンチ。あーこの対決がまた見たかったのに。
こちらの攻撃はシェヴァ・ジラルディーノ。ジラルディーノは1点決めます。
途中からがらりとメンバーが替わり、あちらにはエトー、ロナウジーニョが入り、こちらもインザーギ、カカ’が入る。ネスタは下りちゃったので、ロナウジーニョとのバトルは見れず。

プレイはお互いなんだか穏やかムード。
試合中なのに、カカ’が楽しそうにロナウジーニョにおっかぶさったりして、笑えたよ君たち!

a0007517_11163364.jpg
ピッポは相変わらず狙ってます(笑)。関係無いもんねーどんな親善試合でも(笑)。

後半が終了(4-2)。一瞬スタジアムが真っ暗に。
急遽ピッチに縦に並べられた花火、そして上からスポットライトでアルベルティー二が浮かび上がります。語り始めるけど、涙で言葉がほとんど出ない様子。
a0007517_11171140.jpg

幸せなカルチャトーレ人生だったと、そして聴衆に、「僕のCurva」に、家族、チーム、クラブに感謝をし、最後に、自分をサポートし続けてくれたプレジデント(ベルルスコーニ)に感謝。

そうそう、ベルルスコーニは、試合途中でTribunaに姿を現したのでした。とたんにスタジアムからブーイング。
時事的な状況からいっても、今は彼が何をしても「選挙運動だ。」と言われても仕方ないだろうけど・・・
私の後ろの子達、また言ってたわ。
「ベルルスコーニはミランにいろいろやってくれたじゃないか。ブーイングすることないよ。」

いろんなファンがいますね。面白かった。

アルベルティー二は、メッセージの後Curvaに行き深くお辞儀を。Curvaからは熱い熱いコールが延々。
その後彼は、私がいる側へやってきました。なんと、客席一斉に起立。そして彼へ拍手。
それ、私ものすごく感動した。
こりゃカメラとか向けてるのは失礼だなと思い、私も彼らと一緒に彼へ一生懸命拍手したのでした。

一周したあと彼は、ピッチに残っていた現役メンバーたちに囲まれハグ、胴上げ。
a0007517_12195632.jpg
涙涙でNotte di Stelleは終わったのでした。
a0007517_11405787.jpg



楽しかった。いやーほんとに楽しめた。
星たちがいっぱい。勝ち負けで胸を痛める必要も無し。
おじさんになってしまったかつての英雄たちでも全然おっけー。彼らがそこにいてくれるだけで、聴衆は幸せな気分になれる。
これだけの試合を、これだけの価格で・・・多くの人が、このおかげでスーペル楽しい一夜を家族と、友達と共に過ごせたのでした。

昨日も書きましたが・・・現役選手たちがおとなし~くベンチ横の芝に体育座りしてたのはとにかくかわいくて笑えた。
ベンチにカペッロとアンチェロッティが仲良く並んでたのもおかしかった。
a0007517_1149538.jpg

TVや雑誌でしか見たこと無かったクライフがバルサのベンチにいたのもちょっと圧巻。

*********************************

PippoサイトIlariaさんが、Albertiniの興味深い記事Upされてます。
*Notte di Stelle*

*********************************

おまけ~♪
TVから、ほんのちょっとだけ、時間限定。
(3月23日、画像は削除しました。)


先にUpしてある関連記事。
Notte delle Stelle
星たちの夜だった
Notte di Stelle リンク

Zefiro Home

アンチェロッティ、試合に出てどてどて走るのが見たかったんですけどね~(笑)。
レポーターに質問されて「私よりもサン・シーロ登場が少ない仲間に譲った」と答えてましたが・・・逃げたような気がする。

ロナウジーニョは試合後、アドリアーノやマルティンスと一緒にミラノのディスコに繰り出し、帰宅は翌朝8時だったそうです。
[PR]
by celeste13 | 2006-03-17 12:50 | MILAN
<< Udinese戦スタメン予想 殴たろかと思うとき >>