問題の兆し
問題になりそうなニュースが、ミランオフィシャルのフラッシュに。

元Olympique MarsigliaのMF、Jean Jacque Eudelieが3月発売予定の自伝の中で、「1993年のチャンピョンズリーグ決勝の試合前に、チームから何らかの薬物注射を義務付けられた。試合中、いつもとは違う自分を感じた。」と告白しているということ。
すでに、ミラン側では検証に動き始めているらしい。

Zefiro Home

追記;
この↑話題がニュース映像になりました。
93年チャンピョンズ・ファイナルのシーンとか・・・
Studio Aperto
チームは全員薬物注射し、唯一そのとき拒否したのがフェラー(元ドイツ、元ローマ監督)だったと自伝は語っていて、マルセイユでは大騒ぎになっているとのこと。
[PR]
by celeste13 | 2006-01-21 05:38 | MILAN
<< 今日のミラン Oscar del Calcio >>