試合後に
民放のControcampoで、試合直後のオリンピコとスタジオを中継して、両チームの監督のコメント。
スパッレッティは、久しぶりに見るこぼれるような笑顔。これはいいとして ・・・アンチェロッティ。
出演者のジャーナリストに「カルロ、僕は知りたい。チームは君の指揮のとおりについてきてるかい?」と、ズバリもズバリな質問に、「もちろんだ。」という彼の声には覇気が無く、そのあとの言葉を選ぶのに戸惑っていた。

チームは、絶対に悪い流れに進んでると思う。

もうずっと前からそうだったのに、目をつぶってきたと思う。クラブも、監督も、選手たちも。

Zefiro Home
[PR]
by celeste13 | 2006-01-16 08:17 | MILAN
<< 仕事は続く でるびー >>