La Vita di Alessandro NESTA Ⅱの1
ネスタ・ストーリー目次 Index

ローマ。Collevecchio(コッレヴェッキオ)のアンティークな家で、彼はいつもヴァカンスを過ごす。家族と。彼の両親、姉のKatia、兄のFernando、ローマ・フィレンツェ間の高速でガソリンスタンドをやっている兄と。
Rietiの郊外に位置するCollevecchioには、アレッサンドロ・ネスタの最も親しい友人たちが住んでいる。このディフェンソーレがセリエAにデビューした後、1994年3月13日のことだが、Collevecchioの4人の若者が、Maetrelliの練習所を訪れ、彼に盾をプレゼントした。この小さなグループを率いているのはAntonio Cerri、法学をやっている。他の3人の名はSimone、Maurizio、Claudio。ネスタは彼らを幼少時代から知っていて、彼らをとても大事に思っている。

94年の夏、Giuseppe氏、アレッサンドロのパパがCollevecchioで、昔からよく知っている元村長や2人の医学教授とカードで遊ぶ間、Centrale(ネスタ)は、ラツィオの練習所にいた。ゾフはその頃、マネージャーとしてデスクで仕事をする立場を終え、クラブの会長に就任していた。ベンチには、Foggiaで魔術を見せたZemanがやってきた。ネスタはスイスで、この新しい監督とトレーニングを行う。いまや、「将来有望」という存在ではない:彼の価値は確実なものである。ネスタはゾーン・プレイを学び、4-3-3を試行する。それはすぐにゼーマンの目に留まる。しかし監督は、あまりプレッシャーをかけずに育てるほうを望む。Aチームと練習、Chamotには、深い憧れをもって信頼していた。

95年1月15日、オリンピコでの試合で、ゼーマンはネスタを、故障したファヴァッリの代わりに召集する。試合前半29分、「ほんの少しだけ無神経になったことで、緊張をほぐすことができた。」彼は、ラツィオがFoggiaを粉砕(7-1)した後、ロッカールームでそう語っている。セリエAで、初めて先発としての試合は、しかしその2週間後にやってくる:1月29日。ユニフォームは2番を着る。ネスタの試験はポジティヴ、しかしラツィオはホームでバーリに負ける(1-2)。全員が、CragnottiからZemanまで、そのとき、ここにはとてつもない宝物がいることを確信する。

見習い期間を経た後、第22節から、アレッサンドロは力強く成長し始める。Fiorentina戦勝利(8-2)においての主役の一人となった。また、シーズンの輝かしい最終試合でも、彼は素晴らしいプレイを見せた。その年ラツィオはユヴェントゥスに次いで2位の成績を収めている。
ネスタはまた、後半戦のデルビーにも出場、試合はCasiraghiとSignoriのゴールにより2-0で勝利している。Curva Nordの下へ行き、ガラスのガードへ向かって両手の拳を突き上げ、Maglia(ユニフォーム)を放り投げる。彼は一躍、ポピュラーな存在になっていた。


つづく・・・La Vita di Alessandro Nesta Ⅱの2

Zefiro Home
[PR]
by celeste13 | 2006-01-14 00:13 | La Vita di NESTA
<< ネスタ・ストーリー再開 こんなことになっていた! >>