La Vita di Nesta 4
La Vita di Alessandro NESTA 3からの続き;

GiovanissimiのProvinciale(地方チーム)の試練を越え、Carmelo Scalaが監督するGuovanissimiへ入る。ネスタのロッククライミングがスタートする。栄光の1990年、ラツィオ内での素晴らしいプレイ:彼とディ・ヴァイオは、新しい宝石としてGiovanileへ移る。そこには長いこと、才能ある者が現れていなかった。1975年の、Carosi率いるPrimaveraがGiordanoやManfredoniaと共にスクデットを獲得して以来。

ScalaのGiovanissimiで、ネスタはMediano(MF)。1991年6月16日、Catanzaro地方のSoveratoにおいて、イタリア・チャンピョンという大勝利を収める。対Padova(2-0)。初めての凱旋、初めてのメダル。そしてまた、ナショナルチーム Under15の召集をも受ける。このシーズン、ネスタはScalaのチームで、Torneo Bastianelli a Fiumicino、Torneo Maestrelli a Pisaにも勝利。

1992年、ラツィオはCristianoとネスタを獲得する。そのとき彼は左サイドバックへ移る。Allieviのチームでは、またしてもScalaが監督。が、その数ヵ月後、Vannozziへ交代する。

ネスタはナショナルチーム Under16から召集。そしてニース、後に試合中膝の靭帯に亀裂を起こすその場所で、ネスタは病院に運ばれる。対フランスの試合で、ネスタは頭に打撃を受け、医師から脳震盪と診断されたのだ。目が覚めたとき、彼の傍らにはディ・ヴァイオが。てっきり、彼の様態を心配して駆けつけてくれたのだと思っていた。が、ディ・ヴァイオも腕を骨折して入院していただけだったのだ。

ラツィオAチームは、Dino Zoffが監督していた。ネスタは時々、合宿所Maestrelliの門をくぐる。それはプレイするためではない、今のところ。
ドクターのコントロールを受けるためであった。そこでSclosaと仲良くなる。その後このディフェンソーレにとって2番目の父親ともいえる存在になる男。元大選手は、サンドロのキャリアに興味を持ち、いろいろと貴重なアドヴァイスを与える。

1992年、ネスタは、Mimmo Caso率いるPrimaveraに入団。その頃のチームメイトには、GKのローマ、MFのCristiano、Napoliani、FWのDi Vaioがいた。Casoは、Gianmarco Calleriからラツィオを買い取ったばかりのCragnottiに起用されたばかりだった。

Casoはネスタにとって人生の師となる。堅く強い関係、これは現在も続いている。現在(2000年)Chievoにいるこの監督に、ネスタは心から感謝を捧げている。

Casoは小さな奇跡を起こす。ラツィオのPrimaveraを、カンピオナートの決勝まで導くのだ。夢は決勝で消える。当時Tacchinardiのいた、Prandelli率いるアタランタに対戦。ローマでの第1戦、3-0でアタランタの勝利。ネスタは出場メンバーに名を連ねていない。ひどいPubalgiaのために欠場。第2戦には出場可能に。しかしScudettoは今や決まったようなものだった。ベルガモ、またしても敗戦、3-0。

1993年、ネスタはプロフェッショナルの世界に入る。Zoffが、Seefeld(オーストリア)の夏の合宿に彼を招集。Superdino(Zoff)は、ネスタの礼賛者となる。彼の持つ才能を理解していたが、またネスタの成長の度合いにも驚かされていた。

1994年3月12日、Zoffは、ネスタをUdineへ移動のメンバーに加える。ラツィオは試合前日を、ホテルDimoretで過ごす。ネスタはSclosaと同室。「クラウディオは彼に、試合に出るだろうと言っていた。」ジュゼッペ・ネスタはそれを思い出す。Sclosaの予言は当たる。試合後半33分、ネスタはCasiraghiの代わりにピッチに立つ。主審はBraschi。ラツィオは2-2で引き分け(ゴールはWinterとSignori)、そして順位は5位に上がる。12分プレイした後、Zoffから称賛を受ける。そして彼に、そのままAチームでトレーニングを続けると伝えられる。

3月27日、Zoffは彼への信頼を再確認する。Delle Alpiでの対トリノに起用。試合後半41分。ネスタはまたしてCasiraghiからの交代。ラツィオのメンバーは、Marchegiani、Bonomi、Bacci、Di Matteo、Di Mauro、Cravero、Luzardi、Bergodi、Signori。そしてそこにはGascoigneも。残酷な運命、4月7日。イギリス人はまさにネスタと激しい交錯を。Gazzaは叫ぶ:脛骨と腓骨の亀裂。GazzaがSan Giacomo(病院)へ運ばれる間、ネスタは泣く。「心配するな。お前のせいじゃない。」Paul(Gascoigne)は、Maestrelliを離れるときに彼に言う。

Part.1終了
La Vita di Alessandro NESTA Ⅱの1へ続く・・・

Zefiro Home
[PR]
by celeste13 | 2005-11-23 23:15 | La Vita di NESTA
<< Fenerbahce vs M... La Vita di Ales... >>