嫌な話題
もう2週間くらい前から、一部の新聞や週刊誌にスクープされているのですが、やっと日本にも伝わり始めたようですね、またしても八百長の疑い。
最初はSecoloXIX紙が、フラーキやバッザー二の警察での事情聴取データを始め、昨シーズン疑いのあった試合(ローマ・ラツィオ戦など多数)と選手たち(十数人の名。ちなみに当時ミランの選手の名は無し)を掲載したもの、また、今日発売のExpressoには、2002年カンピオナートで、Sculli(現Messina、当時Crotone)が賭けカルチョに関わったというもの。

こういうニュースは、ドーピング裁判などと同じく、素人の私には深すぎて広すぎて、把握するのがかなり難しいのですが、こんな話題が耐えないのは実に残念ですね。

Sculli、彼はこの間から疑惑を持たれていたようですが、昨日Katawebに掲載されていたものから:

=SculliはカラブリアのNdrangheta(マフィア)のボスの孫(母方の祖父)。
警察に入手された電話の会話で彼はこれまた関係があると疑惑の恋人に・・・
「お前知ってるだろ、俺のファミリーは特別なんだって・・・俺のファミリーでは、『ノー』という言葉は言えないんだ。お前んとこは言えるのかもしらんが。俺のファミリーは、絶対にノーと言ってはいけないんだ。誰にも。」

怖い。

Zefiro Home

追記;
これを書いたところで、実はSportsNaviサイトにすでに記事が掲載されてるのを知りました。
私の好きなジャーナリストのコラム。興味のある方はぜひGO
こちらでは明記しませんでしたが、疑われた選手の中に挙がったうち、私が残念に思った2人の名も出てます。
こういう記事、決して気持ちよくないけれど、書いてくれる記者がいると、有難いです。
[PR]
by celeste13 | 2005-11-05 01:43 | CALCIO
<< シリーズ2 Gossip画像 >>