ウォメ
気になった話なので、Upしておきます。

ワールドカップ・アフリカ地区大会で、カメルーンは、試合終了間際のPKを、現在インテル所属のウォメが失敗し、本選への切符を取り逃したようですね。

それについて、試合後エトーが「僕が蹴るつもりだったんだけど、ウォメが絶対大丈夫だから蹴らしてくれと言ったから。」と発言(by YahooSport)

カメルーンでは、ウォメがその失敗で、彼もその家族も散々な目に遭い、イタリアへ戻るのもほとんど命からがらという状態だったそうですが、昨日彼は、記者会見で発言。
以下、TVニュース映像から:

「エトーが言っているのは違う。あの時点で、彼どころか、誰も、誰もPKを蹴りたがらなかったんだ。彼も、カピタンも、誰も。でも僕はき○玉持ってるから、今までもそうだったけど、僕が前に出て、PKを蹴ることにしたんだ。彼になぜあんなこと言ったのか確かめようと電話したんだけど、答えなくて、この午後3時の記者会見までに僕に電話をくれるようにメッセージ残したんだけど、かかってこない。僕が記者会見に少し遅れたのはそのせいなんです、電話を待っていたから。すいません。」


*****************

もうあちこちにニュースは出てるかと思いますが、こういう、チーム内の仲たがいは非常に醜いですね。エトー、いくら悲しくても、そんな発言する必要があったのでしょうか。

Zefiro Home
[PR]
by celeste13 | 2005-10-12 21:29 | CALCIO
<< 秋冬コレクション 手術終了 >>