ピッポ話ひとつ
ファンを愛しファンに愛されるピッポのお話をひとつ。

彼のことですから、ファンのエピソードは数限りなくあるでしょうけれど、
これはこちらのほうで起こった出来事。

興味がおありな方、ぜひどうぞ~!





実は5月終わり頃、Floraたちが、イスタンブールに向けて調整中のミラネッロへ行ったとき、彼女は、あることをしてくれました。
以前、Zefiro初のUALPEPEを作成くださったピッポファンのお方(HP→LOLLY POP PIPPO )のために、彼女自作のピッポグラフィックに、ピッポのサインをもらってくること。
Floraは、「どこまでやれるかわからないから、期待しないでね。」と言いながら、Tifosiで大混雑のミラネッロへ。

実に、かの地は、もんのすご~~い人だかりだったそうで、肝心のネスタへも、話を直接するどころか、プレゼント(応援のメッセージかなんかだっけか?)を渡すだけで精一杯。

インザーギは? 彼こそ、もっともっと人に囲まれてたと思うんですが・・・Flora、頑張ったんだなー(マジ、そういうエネルギーは感動ものです!)、というわけで、ファンの塊が覆っているピッポの車のほうに潜り込んで行ったのだ。

車の窓からファンたちにサインをしている彼に、タイミングを計らって、Floraは、そのグラフィックを差し出しました。日本の貴方のファンが作成したグラフィックで、これに、彼女へのサインをしてやってくれと。


・・・ピッポの目と手が止まりました。

「おおおおおおおお!!!」と、そのグラフィックに大喜び!!!

厳密に言うと、そのグラフィックの“自分”に大喜びかもしらん(笑)けど・・・


で、その画像を、ご本人が、熟成期間を経て(笑)、インザーギのミラネッロ復活を機会に、公開してくださいました。
こちら。Pippoへ、そしてPippoから



Floraに彼は「ほらほら、(チャンピョンズの)Coppaも入ってる!」

で、彼は言いました。

「これ、僕もコピーが欲しい、絶対欲しい。コピーちょうだい!」

感激と驚きの中に、Floraは「どうやって貴方に渡せばいいの?」

ピッポ:
「ミラネッロに送って。」

そういう会話の間に、他のファンも、サインをもらおうと手を出してきます。
そしたらなんとピッポ:

「ちょっと待って、今僕こっちやってるんだから。」

と相手を制して、そのグラフィックに見惚れていた そうです。


そして彼は、Floraにグラフィック作成の彼女の名前を訊き、「Bacioを」と添えて、サインしてくれたのでした。



あぁなんとも、嬉しいお話でした。
Floraのメールも飛び上がらんばかりの勢いで、「Troppo Felice(すごい嬉しい)なんて言葉じゃ足りないわよ。喜んでるピッポを見てて、どんなに私が気持ちよかったか!」



その後、ピッポがどんなことになったか、皆さんもうご存知。


長い苦難に打ちのめされながら、静かに調整して、今日ミラネッロに戻ってきました。
私たちも、静かに応援したいものです。

ま、爆裂するときゃ、こっちも爆裂さしてもらいますけど(笑)

Zefiro Home
[PR]
by celeste13 | 2005-09-25 00:27 | MILAN
<< ミラネッロのピッポ Convocato Inzaghi >>