CalcioとTVの女性たち
昨日La Repubblicaサイトに載った記事から:

******************************

ミラノ、2005年9月12日- スポーツ番組に、オブジェとしての女性はもういらない。そして、きっちり用意のできた、実力のあるジャーナリストを。

これは、ある広告業界雑誌Marketing&TVでの話。

彼らの好感度は明らかに、「女性司会者」のほうに。
つまり、一般視聴者に比べより特別な目で注意深く見ているスポンサーたちは、よりスポーティヴな形を、Veline(踊り子ねえちゃん)ではなくジャーナリストを求めているのか?

まず、“Velina”(いわゆるオブジェとしての女性)のマイナス点;
試合後のより熱いテーマのシーンで、会話に参加する力が無い(回答者の42%)
他の多くがそうだったように、モデルとして飽きられる存在だから(19%)。

続けると;
女性のイメージを傷つける(16%)
より力のある出演者のポストを奪うものだから(12%)
テーマから、彼女らの容姿へ注意が移ってしまう(11%)。

要するに、“より実力” そして “より脱がない”ということ。


では、それらのジャーナリストを推す理由は。

まず、(スポーツ)番組への注目を保つ力(35%)
そして信憑性(27%)
つまり、プロフェッショナルは、それだけの見返りがあり、番組を壊すものではない。

理由を続けると;
すべての人に理解できる言葉で語れる(23%)
ゲストの応対ができる(21%)
番組の内容を把握し運営できる、より生き生きしたものにする力(14%)。


では、女性司会者の理想。
スポーツに関する明確な知識のバックグラウンド(33%)
客観性(たとえば審判に対してだけではなく、逆の立場へも目が届く33%)
プロフェッショナル性(28%)
バランスのとれた構成力(23%)
めまぐるしく話題を変化させる敏捷性(11%)。


スポンサーたちはまた、番組を破壊しないために次のアドヴァイスを。
ゲストを巧く扱えないような、力の無い司会者を決して選ばない(28%)
内容を重視、決してエステティックな部分ではなく(22%)
スポーツに関して無知な司会者を選ばない(18%)。

続けると;
セクシーすぎる服装やゲストへのアグレッシブな態度はノー(16%)。


彼らが挙げるOKな女性司会者たちの名前、順位。
Paola Ferrari(元“Novantesimo minuto”司会者、現在はDomenica Sportiva。RAI。理由は、非常に自然で、実力が抜群)
Simona Ventura(真のTVリーダー。そのユーモアとカルチョに関する力)
Monica Vanali(民放。リアルタイムで、その日のスピリッツを語る力)
Ilaria D'Amico(Sky。美しさとジャーナリズムを融合できる)
Federica Balestrieri(F1番組のレポーター。決して行き過ぎない。常に番組の内容に忠実)

そして、スポンサーたちのNOな女性たち。
Federica Fontana(Guida al Campionato)
Eleonora Pedron(Controcampo)
Elisa Triani(Domenica Stadio)
Debora Salvataggio(Processo di Biscardi)
Alena Seredova(Domenica Sportiva)

回答者たちは揃って言う。
これらの女性たちは皆綺麗、美しい体のライン、猫のような目、しかしスポーツやカルチョの世界に関してはほとんど力が無い。

**************************************

この後、記事は読者へアンケートしています。
「あなたはどの女性司会者が好きですか?」と。

それの結果は、なんとスポンサーたちとほとんど同じ。

順に;
Simona Ventura(9月13日現在・22%)
Ilaria D'Amico(21%)
Monica Vanali(20%)
Paola Ferrari(19%)
と、バリバリの女性ジャーナリストたちが並び、それからやっと
Alena Seredova(11%)・・・大きく離れて他の女性たち。


ちなみに、付け加えておくと、この女性ジャーナリストたちは皆30代40代、でもジャーナリズムの力が素晴らしいだけでなく、それぞれに非常に美しい女性。


シーズン開始後、それぞれのサッカー番組を見て、ちょうど自分が感じていたこと(ここで書いた→かるちょTV生活)を、Marketingの世界でちゃ~んと考えてくれてるのだなーと、ちょっと安心した記事でした。
それが確実に番組制作者に伝わればよいのだが・・・


イタリアTVを実際にご覧にならない皆さんには、ちょっとちんぷんかんぷんなところもありますね、すいません。
ちょうど先日、Corriere della Seraのある記事を教えていただいてたので、ついでに貼ります。
今シーズンのスポーツTV番組を飾る女性たちのFotoと、彼女たちにいろいろ質問してあるもの。イタリア語わかる方は、おもしろく読めるかも。
女性たちFoto

Corriere della Sera記事

私の好みは、ヴァラエティ全般に司会が巧いSimona Ventura(彼女はジャーナリストではないし)を除くと、ジャーナリストとしてはMonica Vanali女史。
ほんとうにかっこいいニュースを魅せてくれる。シャープでスピーディ。
a0007517_1705771.jpg

通常、Mediasetのお昼のニュース担当。
でも今シーズンから始まった大企画番組のアシスタント(ってのが気に食わないのだが)に抜擢。イタリアで現在最も有名な司会者と共演しているけれど、明らかに彼女のほうが実力あり。少なくともスポーツに関しては。


上記はしかし、大手(RAI、民放、Sky)対象になっていて、もしローカルも加わったら、やっぱり私には断トツ彼女がトップですな、きっぱり。
彼女はこちら→まともな女性

Zefiro Home
[PR]
by celeste13 | 2005-09-13 21:00 | CALCIO
<< ローマ・ユニ・ボール マキンワのこぼれ話 >>