かるちょTV生活
Campionato 2005-2006開幕。
TV好きの私には、サッカー番組おっかけのシーズンが始まりました。
この夏、ローカルTVではわりといっぱいメルカートニュースが放映されてたので、あんまり差は感じないと思ってたんだけど、やっぱりシーズン本番は違うわ。民放・RAI・ローカル、もういっぱいいっぱい(1日目だよ・・・)

お気に入りのひとつであるControcampoももちろんスタート。

第一回の今日は、ジラルディーノがゲスト。今年からフィオレンティーナを率いている元パルマ監督のプランデッリも。
話題がジラルディーノになったとき、評論家のひとりが、「ヴィエリはベンチにいる選手ではない。リーダーだ。それをどうするのかが、ミランのポイントだ。(ジラルディーノを指して)彼がベンチにいればそれで収まるが・・・」なんて発言かましてしまったり、プランデッリに、パルマ時代のジラルディーノとアドリアーノの共存(できてなかったこと)について詰問したり(そういう議論の間にカメラに抜かれるジラルディーノくん、心なしかムッとしている・笑)初日からしっかり楽しい(笑)

というか、サッカーを楽しく追いたいです、はい。薬とか裁判とか買収とかじゃくて




ところで、エリザベッタじゃなくなってしまった番組のおねえちゃん・・・

生放送中にも「ユヴェンティーナ」と自称してましたが、夜の試合が終わった直後のカペッロに挨拶するように司会者に言われ、出た言葉が・・・

ちゃお~ふぁびお~!



・・・・・シーン・・・・・

おいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおい(エンドレス)

君は何だ????? カペッロは君の友達かい? 若いマンチーニとかだったらちょっとわかるけど(でも駄目だけど)


そう、横に座ってる評論家(Mosca氏ですが)に、

「ちょっとちょっと、カペッロに向かってチャオかい? 敬語だろ?」と教育的指導されてたよ。


・・・大丈夫なんでしょうか(げっそり)


ちゃんと、「ブォナセ~ラ、ミステル」と言いましょう。


イタリアは実際、敬語にかなり煩い国なのだ。


Zefiro Home
[PR]
by celeste13 | 2005-08-29 08:09 | CALCIO
<< ピッポ登場 アスコリ戦Pagelle >>